google中国のディレクトリ検索リリースして以来、中国のサーチエンジンはますます【ローテク化】を進んでいます。中国最大のサーチエンジン百度も近日に人力音声検索サービスのベタ版をはじめました。

百度の人力音声検索サービスの利用は現在北京地域のユーザーだけに限定しています、北京地元のユーザーは直接11616690をダイヤルするだけで、百度のスタッフが音声で知りたい情報の検索結果を読み上げてくれます。サービス料は正常の通信費用以外はかからないです。

  • ロボット型→ディレクトリ型
  • 自動音声解析→人力音声検索

中国にはアナログの人は圧倒的に多いです、先日百度の担当者と意見交換しました、そこでいただいたアドバイスですが、中国のSEM広告のランディングページに、Email、お問い合わせフォームなどデジタルの連絡手段のほかに、電話、faxなど比較的にアナログの連絡手段も大きく表示する必要があります。できれば電話でのお問い合わせ対応があったほうが望ましいです。なぜなら、ネットに慣れている人たち普段何気なく行っている行動でも、アナログの人間にとって大きな壁かもしません。