有資格ガイドは仕事なしの「不思議な」旧正月?悪質な訪日ツアーの調査・取り締まり求める―観光庁検討会(レコードチャイナ)

中国でも、もちろんガイドに資格があり、国内ガイド、国際ガイドと試験を受けなければいけません。

上記ニュースは中国も含むアジアから日本へのツアーで
ガイドが旅行客を楽しませるために機能していないという内容です。
スペインなど他の観光地でも中国の無資格ガイドは暗躍しているため、
取り締まりに力を入れましょう!という話になっているようです。

しかし一方で、難関試験を突破して有資格ガイドになる人も着実に増加しているそうです。

張家界で偶然出会ったカクさんも有資格ガイドの一人。

彼は中国内ガイド資格、海外ガイド資格の両方を持つ

彼は中国内ガイド資格、海外ガイド資格の両方を持つ

カクさん御一行は、従兄弟たちの旅行も兼ねつつ、
カクさんの部下を鍛えるために張家界に来ていたそうで、
「今日は勉強なので」と、
カクさん直々に、あるいは弟子のさわやか青年が無料でガイドをしてくれました。

これからもっと勉強してカクさんのようなガイドになりたい

「これからもっと勉強してカクさんのようなガイドになりたい。」

御蔭様で、諸所の解説(中国語と英語で説明してくれる)は聞けるし、
地元のおいしい食事に安くありつくことができました。
(ガイドを通じて食事すると数十~半額割引になったりします。
ちなみに中国内において有資格ガイドは
交通機関や観光地入場料なども無料になるそうです)

以前に「中国の食器は消毒済み@中国湖南省長沙市」で書いたように
中国では食事の時に、一人につき食器ワンセットが配られますが、
カクさんはさらにもうワンセットをささっと調達して、僕に渡してくれました。

茶碗一つでスープも飯も食べる、というのは中国の習慣だから
外国人は慣れていないだろう、と知っているのですね。

中国人は客に対してすごく気遣ってくれるというのは僕の印象ですが、
さらにこうした配慮を見せるのは、さすが国際ガイド。

各国の言葉だけでなく文化にも興味を持っていて、
「また京都に行ってガイドしたい」と語るカクさん。
彼らのような情熱と勤勉さを持つ若者が、
中国内にはたっくさんいるんでしょうね。

ちなみに彼は24歳とのこと。頭が下がります。

※おまけ
本人許可済み 中国支社 劉さんサービスショット

同い歳の劉さんはカクさんに刺激を受けた模様

同い歳の劉さんはカクさんに刺激を受けた模様。 「私ももっと頑張る!」と新たな決意!

良いポーズ。

良いポーズ。

「皆さん、中国支社に来てくださいね

「皆さん、中国支社に来てくださいね~」