ロシアのサーチエンジンシェアについて記載した旧ページへのアクセスを沢山いただいているため、
“比較的”新しいデータを使って更新します。といっても、状況に大きな変化はありません。

mail-ru-search-market-share

データ元:Please welcome a new Russian search engine!
一目見て分かるように、Yandexの牙城はまだ崩れておりません。

ただ、ロシアのインターネットユーザー数自体はまだ伸びていますので、
シェアはさておき、Googleの利用ユーザー数自体は増加していると考えられます。

しかしながら、Chrome利用ユーザーの標準検索エンジンは、
googleからyandexに切り替えられているようです。

EMRG-Russia-chrome-users-switch-to-yandex-over-google-10252013-LG

 

データ元:http://www.usfunds.com/investor-library/investor-alert/why-growth-is-deep-in-the-heart-of-texas/

すでにニュースやマップ等はもちろん、決済機能やリアルタイムの交通渋滞情報まで提供している巨人Yandex。
2014年のニュースとして「Yandexの検索結果にfacebookのデータも表示されるようになった」というものがありました。
Facebook ‘Firehose’ Comes to Yandex

検索行為そのものに置き換わる何かが現れない限り、ロシアでのYandexは安泰なのかも知れません。