モロッコは日本に向けて大量のタコを輸出している国として有名(?)ですが、埋蔵量世界1位のリン鉱石など鉱物資源、農・漁業、軽工業、観光など様々な経済基盤があり、地理的にもヨーロッパに近く貿易の結びつきも強いことなども後押ししてか、アフリカ内においてバランスの良い経済状況にあります。

web certain社の調査によると、モロッコにおける2007年のネット人口は610万人。2000年時点でのネット人口が10万人だったことと比べると61倍の増加です。
そしてgoogleではなく、Yahoo!がシェアを持っているということです。

政治情勢・地理的な条件から、日本からアフリカ向けの輸出といえば自動車やトラックなどが多く、まだ他分野の話はそう多く聞きません。また、ネット回線の事情も良くない(ナローバンド)とのことですが、潜在力は高いと言われてきたアフリカ。

目を付ける人が少ないうちに、まずはネットでビジネスチャンスを探ってみるのも面白いかも知れません。