近日テンセントはWebQQ2.0を公開しました。ウェブQQはこれまでウェブブラウザを利用したQQという位置づけでしたが、今回発表したものを試すと、ウェブで利用できるQQアプリではありません・・・これはいったい!?

一つのアプリケーションから、ウェブOSに進化したものです。(どう見てもWindows7に激似ですが)chrome osは、唯一WebQQ2.0と比べられるものと記憶していますが、中国向けに作られているものではないですね。模倣だけで終わっていないのが、テンセントQQ。中国ユーザーにとって、使い勝手がよくて、自称「中国ユーザーのことが一番わかる会社」というのも頷けます。

WebQQ2.0のURL:WebQQ2.0

webQQ2.0

デフォルトでAppstore、QQ、グループ、マイクロブログ、QQメール、QQスペース(SNS)など、中国ユーザーがよく利用する機能・サービスが入っています。その他テンセントのオフィシャルサービスも選べます。お勧めはQQ音楽QQLive

WebQQ2.0

AppStoreからはサードパーティが提供するアプリを自由に選べます。
WebQQ2.0

インターネットをベースとしたコンピュータの利用の「クラウドコンピューティング」時代が着々と近づきつつあります。