前回のブログでは、ジャパンガイドの日本国内での人気ページをご紹介しましたが、
今回のエントリーでは、在日外国人のみなさんが、どのような情報を求めて、
ジャパンガイドを見ているかご紹介します。

具体的にどんな情報を求めて、ホームページに訪問しているかを調べるのに有効な方法は、
流入キーワードを調べることです。

流入キーワードとは、ユーザーがそのホームページに辿りつくために、
検索エンジンに入力した言葉のこと。
どんな言葉をつかって、そのホームページに辿りついたかを調べることで、
その人が、どんな情報を求めて、ホームページにやってきたのか分かります。

では、ジャパンガイドの流入キーワードランキングの発表です!


ジャパンガイド流入キーワードランキング
========================================
1位:japan guide (ジャパンガイド)
2位:kyoto(京都)
3位:hakone (箱根)
4位:nikko(日光)
5位:kamakura(鎌倉)
========================================
*2012年4月~9月調べ

1位は、japan guideでした!
ジャパンガイドというメディアの名前でしっかり認知して頂いているようです。
これは、ジャパンガイドとしては、とてもうれしいことですね^^
ありがとうございます!
ちなみに、”japan guide”で検索してサイトにアクセスしてくれるユーザーの数も、
日本が一位でした!

2位以降の2位:京都、3位:箱根、4位:日光、5位鎌倉は、
全て、前回ご紹介した日本からのアクセスランキングに入っているページでした。
さすが、日本在住だけあって、日本の地理情報にも詳しい方が多いのではないでしょうか?
次回、訪問しようとしている都市の名前を直接入力して検索しているようです。
外国人の方も、日本の観光地に興味津々ですね!

その後もランキングは、6位:浅草、7位:東京、8位:みなとみらい・・・
といった具合に、ピンポイントな地名でランクインしている検索ワードが多くありました。
以上、日本からのアクセスについてのレポートでした。
日本人の方がご覧になっても、目新しい情報がたくさん掲載されているので、
是非、ジャパンガイドを活用してみてください!