ジャパンガイドでは毎年、年末の一年を振り返り、

それぞれのエディターが心に残ったハイライトTop10をご紹介しています。

英語版のレポートがこちらよりご覧いただけますが、

日本語に訳して、本ブログでもご紹介させていただきます。

現在、ジャパンガイドには編集長を含む、4名のエディターが在籍しています。

少し長くなりますが、よろしければお付き合いくださいませ。

===========================================================

ステファン・シャウウェッカー(編集長)のハイライト

今年は、47都道府県のうち、29に訪れることができました。

第10位:箱根の岡田美術館

10

所蔵品が群を抜いていて、展示の仕方も素晴らしいです。

スケジュールの都合上、30分しか滞在できませんでしたが、

半日とっておけばよかったと後悔しています。

第9位:姫路城

9

5年間の修繕を終え、今年お目見えした姫路城。

(グランドオープンは2015年3月27日です。)

修繕後の真っ白な天守は、息をのむ美しさです。

第8位:東山温泉

8

会津若松、東山温泉にある向瀧旅館は、伝統的な雰囲気が最も楽しめる旅館の一つです。

木造の建物、庭園、郷土料理、親切なスタッフ、哀愁漂うお風呂のどれもが、

雰囲気づくりに貢献しています。

第7位:銀山温泉

7

銀山温泉のページを追加するために、今年の秋に再訪しました。

山から流れる川に沿って古い旅館やガス灯が並び、

日本有数の美しい温泉街です。

第6位:大洲市

6

愛媛県大洲市の雰囲気あふれる山荘、近年復元された木造のお城、旧城下町には、

良い意味で非常に驚きました。

第5位:栗駒岳での紅葉ハイキング

5

紅葉も見ごろで、天気も最高だったので、頂上からの眺めはとても美しいものでした。

登山口にある旅館の強酸性の温泉で、取材を終えました。

第4位:東尋坊

4

過去数年、福井に訪れることができておらず、

日本有数の景勝地である東尋坊には、今まで訪れずじまいでした。

訪れたときには、天気が荒れており、

崖から覗く景色は、迫力満点でした。

第3位:三ッ峠山から見る富士山

3

ご来光直後に三つ峠山から見た、富士山が雲から出てくるところは、

この一年でも最も息を飲んだ景色でした。

第2位:面白山から山寺のハイキング

2

面白山駅から紅葉川渓谷を通って、山寺まで歩いた10kmのハイキングコースからは

紅葉も楽しめ、素晴らしかったです。

第1位:弘前城の花吹雪

1

青森県の弘前城は、一番おすすめの花見スポットです。

桜の花びらが幾度となく舞い、堀を埋め、

訪れた人の髪や服を飾っていました。

今年の春に見たこの夢のような光景で、

ここが一番のお花見スポットだと確信しました。