日本政府観光局によると、2012年5月のアメリカ人訪日観光客は41,874人で、
全体のインバウンドの約10%を占めていました(*1)。
ジャパンガイドでもアメリカからのアクセスは多く、
国別訪問数ランキング(*2)でも、2位と高順位でした。
また、数値で見てもアメリカからのアクセスは30万を超えており、
全体に占めるアクセス数は約20%と大きいです。
本エントリーでは、そんな日本好きなアメリカ人に人気のある
ジャパンガイドコンテンツを紹介したいと思います。

*1 JNTO: 国・地域別/目的別 訪日外客数2012年5月暫定値
*2 2012年7月現在

——————————————————————————————————————————————–

[1位はなんとあのページ!? アクセス数ランキング]
アメリカから、最も多くのアクセス数を集めているページ(*3)、
上位Top5を発表します。

======================
1:漢字

2:東京

3:日本の気候

4:富士登山

5:新幹線
======================

*3 2012年7月 フォーラム・トップページ等除く

☆1位
堂々の1位は漢字ページでした!
意外に思われるかもしれませんが、
他の国のアクセス統計と比べると、文化ページが1位にくることは大変珍しいです。
漢字ページのアクセスシェアを見ても、
30%以上のアクセスがアメリカからあり、人気の高さが伺えます。



◆2位
2位は、観光地として高い人気を誇っている東京ページでした。
観光庁の調査によると、アメリカ人訪日観光客の76.2%が東京を訪れているようです。
ジャパンガイドの 外国人が興味を持っている都道府県ランキングでも、
東京は不動の1位の座に就いています。

◆3位
3位の日本の気候ページは、月別の平均気温が都市別にまとめられているので、
旅行の準備の際には、チェック必須となっています。
アメリカでは、アメリカ国内だけでも大分気候に差があるので、
旅行前にある程度目途が立つのは嬉しいですよね。

◆4位
4位の富士登山ページのランクインには、正直驚きました!
日本人でさえ登ったことのない方が大半にも関わらず、
多くのアメリカ人の方が富士登山のページを閲覧されているとは思いませんでした。
アメリカ人の方まで惹きつけてしまうとは、さすが富士山パワーですね。

◆5位
5位に入ったのは、新幹線ページでした。
旅行中に、できるだけ多くの都市を回りたいと思うのは自然なことですよね。
アメリカ人に人気の観光地Top5は、
1位 東京、2位 京都、3位 大阪、4位 神奈川、5位広島だそうです。(*4)
全て新幹線が通っている都道府県ですね。新幹線ページの人気も頷けます。

*4 観光庁 訪日外国人消費動向調査 平成24年4月~6月期

——————————————————————————————————————————————–

[注目を集める意外な人気ページ]
その他、コンテンツページ以外でアメリカ人の方に人気なのが、
フォーラム(質問を受け付けて、答えをご存知の方にお答え頂くQ&Aの掲示板のようなものです)でした。



フォーラムのなかには、
Do I need to know the language? (言葉が分からないとだめですか?)
なんて、旅行する時に誰もが抱きそうな疑問から、
What do I wear to a Japanese Wedding?
(日本の結婚式には何を着ていけばいいですか?)
なんて、日本人でもう~んと頭を抱えて悩んでしまいそうな疑問まで盛りだくさんです。
ぜひ、お時間のある時にチェックして、答えてあげてくださいね!