最近中国の取引先と折衝するとき、常々コミュニケーションロスを感じています。
財務部とサポート部門のコミュニケーションロス
担当者とマネージャ間のコミュニケーションロス
本来簡単にできるものを二転三転になってしまいます。

文化の違いでしょうか?
問題にぶつかった時に、中国の社員は報告する前に
自分で解決しようとする、
上司や他の部門の意思と衝突することが度々です。
権限と責任の認識が大きくずれています。
それを防ぐには暗黙の了解より明文化したルールのほうが確実です。
中国の企業も新人研修時にぜひ日本式のほう・れん・そう
入れていただきたいです。

大きいだろうか、小さいだろうか
組織を一体となって円滑に動かすにはコミュニケーションと
それを規制する明文化したルールの設定は不可欠です。