大阪オフィスでささやかですがクリスマスの飾り付けをしました!

e794bbe5838f-0141

e794bbe5838f-012

クリスマスと言えば、小さい頃はよく理解もせずプレゼントがもらえる日でしたが、大きくなってからは「ツリーの飾り付け(そして片づけ)に駆り出される日」になっております。でも飾り付けをするのは楽しいですねー。

クリスマスのスペルですがどうしてXmasと綴るのか疑問だったのでちょっと調べてみると、これはギリシャ語でChristを意味する”Χριστός”の”X”から来ているようです。てっきり「クリス」と十字架の「クロス」の音を掛けているのかと思っていました。

話は変わりますが教師をしている知り合いから、最近の子どもの名前はユニークなものが多くて読み方が難しい、という話を聞きました。彼の受け持っているある男子生徒は「十兵」という名前だそうです。こちらなんと読むか分かりますか?「クリストファー」と読むそうです。「十」は「クロス→クリス」、「兵」は「ヘイ→ヒャ→ファー」と読むのでしょうか。。漢字の「十」を「クロス/クリス」と読ませるのは面白いですね。

アメリカの横断歩道でCrossingのことを”Xing”と綴ってあるのをはじめて見た時なんて読むのか分からなかった覚えがあります。。中国語のピンインみたい!省略表現って面白いですね。

かなり脱線してしまいましたが・・・皆さまよい休暇をお過ごしください。