我が家の長女が中学入試を終え、肩の荷がおりた福島です。

中学入試当日は大寒波。早朝から凍えるように試験会場に子どもと向かいました。
本番に弱い私とは違い、長女は緊張することもなく普段通りの様子でさっと会場入りしました。

なんと頼もしい背中なんでしょう・・・

さて、そんな頑張ってきた娘の様子を見ながら、実は私も頑張っていたことがあります。

今回は現在進行中の頑張っているプロジェクトのお話を紹介したいと思います。

頑張っているプロジェクトって・・・


実はエクスポート・ジャパンの大阪オフィスが移転します!
すでに、移転ハガキを受け取られた方もいらっしゃることかと思います。
新しいオフィスでの業務スタートは2月6日(月)の予定です。
場所は、現在の場所から徒歩2分くらいの場所になります。

移転ハガキ

このオフィス移転プロジェクトを昨年9月から6か月にわたり進めてきました。おそらく、私の今までやってきた業務で一番大きなプロジェクトだと思います。

しかし、いったいオフィス移転って、なにからはじめるの???というのが、正直な気持ちでした。

ということで、自分自身の備忘録と今後オフィス移転担当者になった方向けにオフィス移転の苦労話のはじまりです。

青天の霹靂!オフィス移転??


ある日、一枚の封書が大阪オフィスに届きました。

封をあけると・・・ビルの耐震工事に伴う立ち退き通知でした!

これはどうあがいても、どうしようもありません。
個人的なことですが、7月に自宅を引っ越したばかりの私は「げーーーー!また引っ越し!」とがっくり。

管理部門の私にとっては、秋から年末年始はとても忙しい時期になります。
「あー、決算もある。グリーティングカードの準備に、移転ハガキも手配しなきゃ、半期に1度の面談もある、年末の全社会議はどうしよう。」と次から次へとやらなくちゃいけないことがでてきて、しばし机をながめていました。

悩む

ぼーっとなっている・・・

新しいオフィス物件に必要とされることをリスト化しよう


周囲を見渡してみますが、社内移転を手配した経験者は見当たらない。
どうするかな・・・と、とにかくやれることから1つ1つやっていこう。

きっと、このブログにたどり着いた人も同じ心境かも・・・
「頑張れ!」と自身を鼓舞して、とにかく前に進みましょう。

まず取り掛かることは、入居する物件探し!!
ということで、オフィス仲介業者に連絡する前に、どんな物件を探すのかを条件をあげていきました。

希望の物件の条件は・・・
list
■ 電話番号がかわらないこと
■ 日当たりがいい場所であること
■ OAフロア
■ トイレがオフィスの外にあること
■ セキュリティがしっかりしていること
■ 24時間出入りができること(土日祝も)
■ 自転車置き場があること
■ 天井高が高いこと
■ 郵便局、銀行が近くにあること
■ 地下鉄御堂筋線、京阪電鉄から徒歩で通える立地であること
■ 共用部が明るいこと
■ 窓が大きいこと

さぁ、条件はリストにしましたよ。
はてな?でも、どこの不動産仲介業者さんに問いあわせしましょうか・・・

まだまだつづくよどこまでも。