game

おはようございます。じょじょに暑くなってきて、氷星人の福島としてはコンビニのフラッペ、スタバのフラペチーノ、かき氷の誘惑に負けないように、必死に抵抗する毎日です。

 

社員旅行シリーズ 最終章


さて、社員旅行の手配、社員旅行の様子、と綴ってきた社員旅行シリーズの最終章は、社員旅行の感想を集めてみました。だれもシリーズだと思ってないかもしれませんが。

みなが忙しいことを無視して、職権乱用、独断と偏見でスタッフに突撃インタビューです。
インタビューに答えてくれた心優しいメンバーは4人。

広島カープ大ファンの松岡(JICAチーム所属)、ムードメーカーの劉(ローカライゼーションチーム所属)、インドのことなら任せろの長塚(ジャパンガイドチーム所属)、美術館が好きな梅田(制作チーム所属)です。


どうだったの?社員旅行?おしえて!



こんにちは、ブログ担当の福島です。実は社員旅行について勝手にシリーズ化してブログを書いています。今回が最終章になるので、是非ともインタビューにご協力ください。

今回の質問内容は下記の4つです。
1. 4月22.23日に社員旅行を設定しましたが、時期的に問題ありませんでしたか?
もし、不都合を感じた場合はいつがベターだと思われますか?
2. 社員旅行を継続的にやるとすれば、どのくらいの頻度がいいと思いますか?
3.社員旅行で1番良かった点はなんですか?
4.社員旅行の改善点などFBお願いします。


1. 4月22.23日に全社MTG、社員旅行を設定しましたが、時期的に問題ありませんでしたか?もし、不都合を感じた場合はいつがベターだと思われますか?

松岡: 問題ありませんでした。年末や、客先の年度末にかかる2月、3月は避けた方がいいと思います。

長塚:時期的には問題ありません。少なくともJGチームは年度明けでスロ~な時期になっていましたので、この時期で好都合でした。

梅田:ちょうどよいのではないでしょうか。これより前だと花粉真っ盛りなのと、(正直まだちょいあ
ったので薬飲んでましたが、色んな花粉があるので全てに考慮はできませんしね)6月入ると梅雨の可能性もありますし。

: 時期的に特に問題ありません。会社創業記念日の前後で、会社の誕生日もお祝いできていいと思います!

 概ね時期的には問題なさそうということですね。たしかに、2,3月は繁忙期になりますし、6月は梅雨の時期ですし、さらに今年からは夏休み取得可能期間が6月から9月の間ということになったので、6月以降はプライベートなスケジュールとの調整もむずかしくなりそうですね。


社員旅行を継続的にやるとすればどのくらいの頻度がいいと思いますか?

松岡: 結構今回予算かけていただいた様に思えて、それでこそ満足度も高かったと思うので、今回の規模なら3年に一度くらいが良いのではと思いました。

長塚 :今回と同じスケジュール感、内容であれば、2年に1回が個人的にはベストかと思います。

梅田: 2~3年に一度ぐらいでいいんじゃないでしょうか。お金もかかりますし。

: 年に1度が良いと思いますが、大きな出費になるので、3年に1度でも良いと思います。3年1度ならもう少し夢に近づくところまで行けるかもしれませんね。南国の島とかいけたらいいなぁ。笑 社員に少し負担してもらっても大丈夫だと思います。


みなさん意見がわかれていますが、私も個人的には2~3年に一度くらいがベストかなと感じています。行く場所や予算などにもよるかもしれませんね。


社員旅行で1番良かった点はなんですか?

松岡:ホテル(宴会やお風呂や個別の部屋のゲーム含む)

長塚: 入社以来、大阪メンバーとは遠隔の仲でしたので、直に話せてよかったです。

梅田: ホテルが予想より豪華でした!大塚国際美術館大好きなのでとても嬉しかったです!

: ゲームやワークショップなど。チームワークの大切さをより感じることができてよかったです。


ホテルに満足してもらえて、良かったです。実はホテルを決めるだけでもすったもんだありましたので・・・寝るだけなのでホテルにこだわらない人、ホテルの雰囲気や付帯施設にこだわりのある人など、価値観の違うメンバーの意見を集約してどこに着地させるかは思ったより大変でした。個人的には普段会えない東京メンバーと会えたのが、一番の収穫でした。


社員旅行の改善点などフィードバックをお願いします。

松岡 :1日目(勤務日)に、主要な行事を集中させて、2日目(休日扱い)は、自由行動がいいかなと思いました。今回を例にすると、1日目の夢舞台を大塚美術館に変え、レクや振り返りも宿泊施設で行う等です。集合場所を淡路島に近い新神戸にする。あくまで例です、今回は大阪オフィス初体験の人が多かったので、大阪オフィスで出来て良かったです。

みんな個性的な人だから、それぞれ行きたいところが違うので、遠出した2日目がまるっと自由行動ならそれぞれの満足度も高くなるし、翌月曜に出勤しないといけない人なら 早めに帰ることもできるからです。

長塚:全体会議では当初予定されていたコンテンツが当日なくなったりしましたが、ワークショップも面白かったし、普段接しないメンバーともわちゃわちゃできたし、結果的にはあれでもよかったかな、と思います。社内環境に関する意見出しは、その場で決まったことも、あれをきっかけに動き出した部分もあるので、今後も全員が顔を合わせるタイミングでできるといいなと思います。

改善点としては、、、というか、案ですが、もしまじめ系コンテンツもしっかりやるなら、東京or大阪で日帰り全社会議を1~2年に1回、遊びコンテンツの社員旅行を2年~3年に1回というふうにキッパリわけてもいいかもしれないです。もしくは、日帰り会議の代わりに、火曜日の全体会議で1ヶ月に1回とかはプロジェクトレビュー無し、各チームの発表&議論のみにあててもいいかもしれないです。

梅田:静かな部屋だったので幸いちゃんと寝れたのですが、できれば確実に睡眠をとるためにシングルのほうがありがたいですね。せめて一部屋二人くらいで……。それか、事前に夜も遊びたい人と眠りたい人で部屋割りを考慮するなど。

:今回の社員旅行ははじめてですが、とても良かったと思います。特に1日目、充実していて最高に楽しかったです。MTGやワークショップの続き、宴会のゲームも、ホテルの部屋でのゲームも…思い出がたくさんできました。それに比べて2日目の美術館は少し負けたような気がします。個人的な意見ですが、社員旅行はもう少し全員が参加できるイベントが良いじゃないかなと思います。美術館だと結局皆がバラバラになってしまい、時間などもそんなに自由にできないので、社員旅行としては少し相応しくないかなと・・・


まとめ


今回のスケジュールはタイトなスケジュールの中で手配したことにより、準備不足感が否めないので、そのあたりは改善していきたいと思っています。長塚の意見のように、「全社ミーティングと社員旅行はわけて設定する」ほうが、メリハリがあっていいかもしれないですし、逆に費用や時間の節約のことを考えると松岡の意見にあった「宿泊先で全社ミーティングをやってしまう」というのも参考になる意見です。

梅田の希望にあったシングル、ツインで部屋を手配するというのも、可能な限り実現したいところです。(手配が遅すぎて、今回はどの部屋も満室だったんですよ・・・)

劉の意見にあった全員参加型の企画っていうのがちょっと難題なんですが、体験型のものでバーベキュー、トレッキング、アスレチックなどのアクティビティをいれるようなものがいいのかなぁなんて、妄想しております。インドア系のスタッフには絶対やりたくないっていわれそうなんですけどね。w

次回からまずは下記の点に考慮をして、手配が出来るように努力したいと思います。

■ 実施時期 4月末
■ 開催頻度 2~3年に1度 (要検討)
■ その他
・個性豊かなメンバーなので、自由行動の時間があったほうがいい。
・全員が参加するような企画のものをいれるほうがいい
・ホテルの部屋はシングル OR ツイン
・宿泊先の手配は半年前からスタート

社員旅行担当者の注意すべき点として2点

■ みなの意見を聞きすぎてはいけない!
■ 選択肢を増やしすぎてはいけない!

すべての希望に応えることなど不可能に近いですし、たくさんの意見を聞くとどれがいいのかわからないという迷宮に入ってしまいます。ですから、ある程度主体的に決裁者と社員旅行担当者が大枠を決めてしまったほうが、スムーズにことがすすみます。

そして社員旅行は「1に準備、2に準備、3,4がなくても5に準備」です!