朝夕気温の差が激しいですが、桜のつぼみも膨らみ始め各地で桜の開花 宣言が行われております。
自宅付近(大阪)の桜も今週あたり、一気に花開きそう な雰囲気です。

160325_kyoto_15
※ジャパンガイド kyoto report より写真転載

ジャパンガイドでは3月20日から桜リポートがスタートし、本日現在東京(2件)、福岡、京都と合計4本のリポートがアップされています。そろそろ、みなさんも会社メンバーやお友だち、ご家族との花見を計画されているのではないでしょうか?

日本だけでなく、桜を愛でることができる場所は世界にいくつもあります。
日本からの親善の証として贈ったアメリカのワシントンDCの桜はとても有名ですが、そのほかにも台北(台湾)、ストックホルム(スウェーデン)、バンクーバーやバーリントン(カナダ)、ポートランド(アメリカ)、ソウル(韓国)などにも桜の名所があります。

しかし、日本のように満開の桜の下、お弁当にお酒を飲みながら花を愛でる習慣はあまりないため、日本独特の花見(hanami)は外国人観光客にとって興味深い対象となっています。特に、季節のいいこの時期に訪日を計画している観光客も実際いるようで、4月にプライベートで夕食をホストをするアメリカ人とオランダ人のご家族も、「できれば、大阪で桜が見れたらいいなぁ」とおっしゃっていました。

弊社のプログラマーのフランソワさん(フランス出身)にも、日本に来るまでに花見をした経験があるか確認してみると、「フランスではやったことがないなぁ。」 とのことでした!

さて、桜の開花シーズンにあわせて観光庁では、訪日外国人向けプロモーションにも力をいれており、日本政府観光局ではウェブサイ トで各地の桜開花情報(平年の満開時期など)を発信しています。桜の開花情報:The Bloom of Cherry Blossoms

また、花見「Hanami」の楽しみ方を英語で解説を行い、花見のマナー、花見弁当、100円均一ショップに手に入れられる花見グッズなども紹介されています。

四季折々の景色や、独特の風習,習慣のある日本。花見や祭りなど昔から日本人が意識せずとも楽しんできたイベントは、日本人だけでなく世界中の人に愛される可能性を秘めているのかもしれませんね。

さて、大阪オフィスでも水面下で花見の計画が立ち上がっており、密かに楽しみにしている福島とフランソワさんでした。