温暖で、風光明媚なリゾート地。
ビーチにはトップレス姿の女性も。

これが僕が持っていたガイドブックに載っていた、
イギリス南部の街 ブライトンの紹介でした。

20歳の時に語学留学で訪れた思い出の地ですが、
いざ現地で過ごし始めると、ガイドブックに書かれていた
ニース的な一面は本当に街の一要素をかいつまんだだけで
非常に多面的な魅力を持つ街だということに
すぐ気付かされました。

  • 確かに高級なブランド店や別荘がある
  • しかしリーズナブルなショッピングセンターもある
  • 歴史的建造物や史跡がたくさんある。文豪も多くいた
  • 自分のような語学学校に通う若者が世界各国から集っている
  • ちょっと足を延ばすと自然に触れられる場所がある
  • ビーチスポーツも盛んと思われる
  • たまにインド系中年女性があられもない姿で寝そべる姿が見れる
  • クラブが多く、ナイトライフが充実している
  • フロリダのごとく同性愛者が集まり、町中で彼ら/彼女らを見かける
  • 実際、語学学校に通う生徒にも、そのような人がたくさんいる
  • オリエンタルレストランに、「きゅうりの天ぷら」がある ※日本人の口にあわない

などなど、、、。

さて、前置きが長くなりましたが、
今回紹介したいのはそのブライトン市の多言語観光サイトです。

ブライトン観光サイト トップページ

ブライトン観光サイト トップページ

欧州各国からの学生に向けコンテンツが充実させている他、
youtube利用の動画掲載、podcast、blog、twitter等々、
見るべき個所が多いサイトです。

その中に「Your Brighton」という、
訪問者の趣向に合わせたおススメガイドのコンテンツがあります。

screenshot050

  • Family 家族向け
  • Budget 予算に合わせて
  • Luxury 豪華に
  • Green エコに
  • Gay ゲイ・レズビアンの方
  • Heritage 文化遺産
  • Literary 文豪を訪ねる
  • Cultural アート・カルチャー
  • Celebrations 式典・結婚式したい方

とメニューが並んでいて、
自分の目的に合わせて 選べます。

つまり、ブライトン市は
自分たちが持つ観光コンテンツと
訪問者の属性をしっかりと把握できており、
それぞれのターゲットに向けに整理して発信できている
ということです。
(少なくとも公式ウェブのサイトマップを見る限りにおいて)

screenshot051

オフィシャルサイトで堂々と
ゲイ・レズビアン向けコンテンツを準備しているのは
欧米ならでは思えます。
(マイノリティを応援するのはブライトンのポリシーでもありますが)

*

その土地を訪問して
「ガイドブックと全然違うじゃないか!」
と驚きを得る喜びは、本当に惹きつけられるものです。

しかし、情報の整理不足、発信力不足から
訪問してもらえる可能性を逃してしまっていたら
本当にmottainaiことです。

*

Q:Your Brightonには、他にどのようなプランが考えられるでしょうか?

(○○好きの人向け、リピーター向けの知る人ぞ知る、他)

Q:皆さんがお住まい/故郷の町は、どのような魅力があると思いますか?

Q:それはどんな人に喜んでもらえそうな魅力ですか?

Q:それを十分、国内にも海外にもアピールできていると思いますか?