塚本晋也監督作品、大岡昇平原作。
作者のフィリピンでの戦争体験を基にする、
死の直前における人間の極地を描いた、
戦争文学の代表作の実写映画。

死ぬか生きるか(というかほとんど死に近づいてる)の状況の
兵士たちの生生しい描写で
戦地に居る様な気になります。

映画館で絶対見た方がいいです。
これぞ映画体験! 
ものすごい恐怖感がありました。
その場所にいる恐怖と、
極限で人まで食す程に追い詰められる自身への恐怖。

戦争が、どんなに酷いものか、感じる事の出来る映画です。