日本には春夏秋冬の四季があるはずですが、9月に入っても連日猛暑が続き、弊社でも夏風邪をひいて体調をこわす社員が増えています。
最近は、俳句をたしなまれる日本通の外国の方が増えているようです。
俳句は季語を使って 四季を織り込まないといけません。
昨日、俳句の先生に会って、山を使って四季を表現しなさいとの問題を出題されました。
答えは
春・・・山笑う
夏・・・山滴る
秋・・・山粧う
冬・・・山眠る
だそうです。
日本語は奥深い趣がありますね。
でも、いと難し。