先週末、東京で全体ミィーティングでしたので、今日は東京の食について書きます。

私の意見は「東京ではお金に糸目をつけないなら、いくらでもおいしいものはあります。」
「逆の表現では東京ではお金を出さないとうまいものはない。」です。

B級グルメの東京名物のどぜう鍋・深川丼・もんじゃ焼き・木村屋のアンパン
それに近頃は築地場内市場のすしまでも観光化してしまって・・
1回は食べる価値はあるが、はっきり言って、それほどでもない。

しかし、食通を称するやっちゃんが、推薦しリピートしている店は・・・

銀座・日本橋界隈で僕の推薦はこの5つ

1.親子丼・・・1500円もする玉ひでではありません。950円の新三浦です。

3ケ月前に銀座2丁目の店は畳んで、徒歩15分の築地店に集約したのですが、鳥水炊きの福岡の有名店で玉ひでより倍おいしいです。1550円の幕の内がさらにお勧めです。

2.元祖ハヤシライス・・・ハヤシライスは日本文化です。ハヤシライスの名の由来は諸説ありますが、ハッシュドビーフからとかいうややこしいものではありません。林さんが考案したのでもありません。早矢仕さんです。(日本橋)丸善の創業者です。丸善は本屋さんと思っておられるでしょうが、そうではありません。明治時代からの総合商社です。日本で最初の株式会社であり、バーバリーとか万年筆を最初に輸入しました。早矢仕さんが顧客パーティーで振舞った料理がおいしすぎて評判で「はやしさんのライス」となり、それから販売もすることになったのです。缶詰を本屋で売っているほかカフェで食べれるのです。これはおいしいです。

3.カツレツ・・・煉瓦亭
カツレツを発明した店ですが、今でも日本一おいしいカツレツがいただけます。

4.中華料理・・・銀座・天厨菜館
ここは、台北の名店です。清朝皇帝の厨房を担当されていたとのことです。台湾出身で作家兼実業家の邱 永漢さんが台湾から誘致した店です。安いのに味が高級で深みがあります。ほうれんそうチャーハンで有名ですが、他の料理はもっとおいしいです。

5. 千疋屋のフルーツ食べ放題・・・午後7時~9時まで4200円です。
予約しようと思ったら、なんと毎週月曜日だけで、それも7月まで予約一杯でした・・

東京近郊の関東なら、もっとたくさん推薦場所があります。
1.日本一おいしく由緒あるうどんは讃岐ではなく、関東の○○です他

続くかもしれない・・・